その生きづらさ、変えられますよ

コア・ビリーフ

こんにちは。

今日もご覧頂きありがとうございます。

前回、自分の感情の揺れを感じるようにすると、自分の思い込みに気付きやすくなるといったことを書きました。

特に怒りや悲しみの、マイナスと言われる感情が沸いてきた時は、実は本当の自分に気づくチャンスなんですね。

その感情を、ポジティブにならないとと思って感じないようにしたり、なかったかのように振る舞っても、その怒りや悲しみはどこかへ行ったわけではありません。

しっかり感じて受け入れてあげることをしなければ、ずっと私たちの中に留まり続けます。
そしてまた同じような現象が起き同じような感情を味わうことになるのです。

なぜ同じような現象が起きて同じような感情を感じることになるのか。

それは、私たちはどうやったって自分の思い込みの中で生きているので、その思い込みの部分が変わらない限り、表面上違うことを考えても、思い込み通りの世界を見ることになるからですね。

例えば、思い込みの中で
「私は大切にされない」
「私には価値がない」
などと思っていると、本当に大切にされていないと感じる出来事や落ち込むような出来事が起こってくるのです。

その思い込みを証明するような出来事が起こってくるのですね。

でも、表面上は、愛されたいし、大事にされたいので、「なんで私はこんな扱いをうけなければいけないんだ!」
とすごく腹が立つはずです。

そこで、その怒りの感情を逆に見ていけば、自分がどんな思い込みを握りしめていたかに突き当たるということなんです。

そして誰に対するものであっても、例えばパートナーに対する苛立ちや腹立たしさなんかも、掘り下げていけばだいたいが両親や養育者との関係にたどり着くようです。

昔に両親に感じた感情や、その時に自分に課した決め事などが今の人間関係に関わって来ていて、それが自分を苦しくさせている原因になっているのですね。

私たちの心の中には、その頃のまま止まっている場所があるみたいで、でもそれは、大したことないとか、感じたくないからといってなかったことにされて、心の深い所に未完了のまま置き去りにされてしまいました。

それを、信念とか観念とか、思い込みとか、あるいはインナーチャイルドという風に呼んでいるのだと私は理解しています。

呼び方は何でもいいと思うのですが、とにかく、置いてきぼりにされた感情がそこにそのままいる、ということなのですね。

本当に180度人生を変えたければ、この未完了の感情をきちんと終わらせてあげること、その上で新しい思い込みを持つ必要があります。

そして、この思い込みは1つではありません。
インナーチャイルドちゃんは1人ではないということです。

けれど、何か大きなテーマが外れると、それに伴って他の思い込みが外れることもあるみたいで、それはその人それぞれなので一言では言えないけれど、でも徐々に生きやすくなり、宇宙とのシンクロと思えることや、本人の中では奇跡と思える出来事が増えてきます。

もちろん、嫌な出来事が全てなくなるわけではありませんし、この世界に生きている間は色んなことが起きてきます。

それはね、そうなんですよ。

喜怒哀楽全てを体験しながら本来の愛に戻っていくというのが私たちの魂の欲求のようですから。

だけど少しずつ、悩む内容が違ってきたり、それを気づきのチャンスと捉えることが出来るようになっていくので、必ず突破できると信じることが出来るようになっていきます。

これ、この信じる。
これも思い込みですよね。

そしてだんだん、全てが大丈夫だと思い込めるようになっていけば、全てが大丈夫の世界にいるようになるわけですね。

私自身、この思い込みを見つけて癒すために、心理の学びだけでなく、何回もセッションを受けてきましたし、これからも受け続けると思いますし、セルフでのワークにも定期的に取り組んでいます。

また、エネルギーワークも時々してもらいます。

エネルギーワークは、自分でまだ気づいていない観念部分をエネルギーとして放出してくれるのですが、気持ちを掘り下げるのが辛い時やもう要らなくなった過去の感情を浄化する時なんかにもとても有効だと思っています。

エネルギーワークもたくさん種類があるので、ご自身でいくつかセッションを受けて試してみるのもいいのではないでしょうか。

そうして、何回も自分と向き合い、自分と折り合いをつけ、自分と1つになる経験をすることが、心から幸せだと思える人生への第一歩です。

生きづらさを抱えたまま今日も頑張っている優しいあなたに、ぜひぜひ知ってほしいことでした。

それでは

今日も最後までご覧頂きありがとうございます。